飲む日焼け止めの効果と副作用

飲む日焼け止めの効果や副作用についてご紹介!どういう人に効果が出るのか? - 飲む日焼け止めはいつ頃服用すればいいのか?

飲む日焼け止めはいつ頃服用すればいいのか?

日焼け止めと言うとクリームを付けるというのが一般的なのですが、最近は飲む日焼け止めと言う商品が出てきています。クリームは紫外線が肌に当たるのを防ぐのに対して、飲むタイプは紫外線で受けたダメージを軽減するために使用します。飲むタイプのものはいつ頃服用するのが一番効果が高いのでしょうか。

■日に当たる30分前に飲む

外に出ていくとなると紫外線に当たる可能性がありますので、その前に飲んでおきたいわけです。その前に飲むとは言っても、いつ頃に飲むのかを分かっていないと効果が出ないことにもなりかねません。基本的には日に当たる30分前ぐらいから飲み始めるのがいいです。日に当たるということは外に出て紫外線を浴びる可能性が高いでしょうから、外に出る30分前ぐらいを目安に飲んでください。
飲む日焼け止めはずっと効くというわけではありませんので、1日中強い紫外線を浴び始める可能性があるというのであれば、5時間ぐらいした後に追加で飲むのがいいでしょう。特に紫外線が強い夏場であれば、日が当たる前に毎日飲んでおくのがベストです。
仮に、日が当たる前に飲み忘れたとしても、気づいたときに服用してもらっても構いません。あくまで薬ではなくサプリメントですので、いつ飲んだとしても害があるわけではないです。気づいたときに飲んで紫外線のダメージを軽減するのがいいです。

■日焼け止めクリームと併用するのがなおいい

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは実際の効果が違ってきますので、別段併用しても構いません。そうであれば、外に出る前に日焼け止めクリームを塗っておくのもいいわけです。クリームで紫外線を防止して、飲むタイプで紫外線のダメージを和らげるわけです。飲むタイプだけでは完全にダメージを無くすことができませんので、クリームと併用することでダメージを少なくするという効果が出てきます。
飲むタイプとクリームだけでなく、帽子や日傘、サングラス、アームカバーなどでカバーするということも大切です。こういうものを使って紫外線を防ぐことによって、紫外線対策を完璧にしてくれます。ここまで行くと本当にしっかりと対策をしているということにもなるでしょう。

■紫外線対策に効果がある飲み方をしよう

紫外線対策をするのであれば、日に当たる30分前ぐらいに飲み始めるのが丁度いいです。対策をするなら、日焼け止めクリームだけでなく帽子や日傘、サングラスなどでも完璧にしておいたほうがいいでしょう。

関連する記事

Copyright(C)2017 飲む日焼け止めの効果と副作用 All Rights Reserved.