飲む日焼け止めの効果と副作用

飲む日焼け止めの効果や副作用についてご紹介!どういう人に効果が出るのか? - 日焼けはやけどの一種ですのできちんと対策を行おう

日焼けはやけどの一種ですのできちんと対策を行おう

熱いものを思わず触ってしまった時にはやけどをしたなあと言うことが分かるわけですが、日焼けの場合はやけどをしたなあと言うことが分かりにくい状態です。しかし、肌を遠赤外線で時間を掛けながら焼いている状態と同じなのですから、やけどと同じことです。日焼けをし過ぎたらやけどと同じ状態なんだなと言うことで、対策はしっかりと行うべきです。

■日焼けの場合は1度熱傷に当たることが多い

日焼けの場合は皮膚の表面が赤くてヒリヒリするというパターンが多いわけで、この状態のことを1度熱傷と言います。1度熱傷の場合は1週間ほどで自然に治って跡が残るということも少ないですので、この段階であれば病院に行く必要もなく、ほったらかして治るということです。
2度熱傷になると炎症が起こって痛みを発して水ぶくれができるというレベルになります。ここまでの日焼けになるということは少ないですが、紫外線が強い地域で長時間日焼け止めなしで日に当たっているのであれば、ここまで行くことはあります。このレベルであればきちんと治療を行わないとやけどの跡が残ったりします。当日は1度熱傷の状態だったのが、数日たって2度熱傷の状態に移行するということもあり得ます。

■やけど肌は紫外線を浴びないようにしよう

やけどになった肌と言うのは肌が弱まっている状態になりますので、シミなどを防ぐために紫外線を浴びないようにしたいものです。塗るクリームで日焼け止めをするだけでなく、飲む日焼け止めを使うというのも有効です。その他にきっちり保湿をしたり、ビタミンCを取るなどして肌を取り戻すような取り組みも同時に行うべきでしょう。

■根本的に日焼け対策をするべき

日焼けをするということは言わばやけどと同じことになりますので、日焼けを甘く見ないことです。日焼けに関して言えば事後にケアをするというよりは、事前にケアをするのが一番いいです。
最近は飲む日焼け止めと呼ばれるサプリメントが販売されていますので、こういうものをしっかり飲んで万全の対策をしてください。飲み日焼け止めだけでなく従来の日焼け止め対策も有効ですので、そういうものもしっかりと活用しましょう。

■日焼けはやけどと同じ状態だと認識する

日焼けはそもそもの話やけどと同じことですので、きちんと対策をしておいたほうがいいでしょう。事後にケアを行ったとしても遅いことがありますので、紫外線を浴びないように事前にしっかりとケアをしておきましょう。

関連する記事

Copyright(C)2017 飲む日焼け止めの効果と副作用 All Rights Reserved.