飲む日焼け止めの効果と副作用

飲む日焼け止めの効果や副作用についてご紹介!どういう人に効果が出るのか? - 冬場にも飲む日焼け止めは効果がある

冬場にも飲む日焼け止めは効果がある

冬場と言うのは夏場に比べて紫外線が降り注ぐ量が少ないのは確かなわけですが、紫外線対策を怠っていくとシミの原因にもなりかねません。冬でもしっかりと紫外線対策を行っていかないといけないわけですので、日に当たるということであれば飲む日焼け止めを使ってきちんとケアをしておきたいところです。

■冬場だからといって油断はしないほうがいい

夏場は薄着にもなるために紫外線対策を入念に行う人は多いですが、冬場はそれなりに着込みますし夏場に比べても紫外線が少ないためにそんなに意識している人は少ないかもしれません。しかし、冬場に紫外線対策を怠ってしまいますとメラニン色素を作ってしまってシミやシミの原因になってしまいます。冬場であっても飲む日焼け止めが必要な場面はあるということです。
冬場は夏場のように日差しを感じにくいわけですが、紫外線の量は冬の5分間は夏の1分間に相当します。これを見ると大したことが無いという風に思うかもしれませんが、冬場でも日光を浴びすぎると紫外線による影響が出てしまうので、注意は怠らないほうがいいです。
日が出ていない曇りの日であっても紫外線対策自体はやっておいたほうがいいでしょう。曇りの日であっても紫外線は降り注いでいるわけですので、外に出るということであれば基本的に対策はやっておくべきです。

■スキー場では必ずやるべき

冬場であればスキーやスノボーをやる人がいるかもしれません。スキー場は雪によって紫外線が反射しますので、きっちりと紫外線対策を行う必要があります。日焼け止め対策としてクリームを塗っている人はいるかもしれませんが、ゴーグルやフードで擦れるということも考えられるので、飲む日焼け止めも準備して服用するとよりいいでしょう。スキーなどを滑る前に服用をしておくと準備万端と言えます。
スキー場などで日焼けのような状態になることも意外にありますので、紫外線対策はしっかりとしておくといいです。4時間以上滑る予定があるというのであれば、一回飲んだ後の4時間後に追加として服用をしてください。スキーなどに行く予定がすでに決まっているというのであれば、あらかじめ飲む日焼け止めを用意しておいた方が何かと便利です。

■冬場でも紫外線対策は忘れずに

冬場は夏場よりも紫外線が少なくて安心だというのは甘いです。冬場でもずっと外にいるのであれば、きちんと飲む日焼け止めなどで紫外線対策はするべきですし、スキー場に行くのであればなおさら対策が必要になります。

関連する記事

Copyright(C)2017 飲む日焼け止めの効果と副作用 All Rights Reserved.